ライザップの筋トレは追い込み加減が大事

この記事は2分で読めます

スポーツセンター

あなたはスポーツジムに通ったことがありますか?
そこのジムには、どのような筋トレマシンがあったでしょうか?
身体の各パーツを鍛えるマシンがあって、それぞれの機械を使って各パーツを鍛えるということが多かったかと思います。

しかし、ライザップではその筋トレ方法が少し異なります。
 

ライザップで使用するのは、フリーウェイトのマシンとダンベルです。
通常のスポーツジムには、バックスクワットやベンチプレスをするための器具として置いてあるかと思います。
ライザップではパーソナルトレーニングのため個室でトレーナーとマンツーマンになるのですが、筋トレに使用する器具はフリーウェイトマシンとダンベルの2つになります。

フリーウェイトではバックスクワットやベンチプレスを主にやっていきますが、もちろんその2つだけでは不十分ですよね。
ライザップのフリーウェイトマシンは優秀で、その2つ以外にも、背中を鍛えたり腹筋を鍛えたりする使い方が出来るようになっています。
つまり、そのフリーウェイトマシンがあれば、全身の筋肉を鍛えることが可能だという訳です。
 

通常のスポーツジムのように各パーツを鍛えるマシンだと、追い込み加減の調整がしにくいです。
1つのマシンで1つの動きしか出来ないため、微妙に違う位置にある筋肉を鍛えることが難しいうえ、負荷は重りでしか調整できません。
しかも、自分1人でやる筋トレなので、甘えてしまいがちです。

それに対してライザップのパーソナルだと、トレーナーが常にそばにいて、必要に応じて支えてくれます。
負荷も、その人が出来るギリギリのラインを見極めて調整してくれます。
この「ギリギリの負荷」というのが、筋トレにおけるポイントなのです。

限界ぎりぎりの負荷をかけると、筋肉は破壊されます。
その筋肉が回復する際、今ある筋肉よりもより大きくより強くなるのです。
そうして効率よく筋肉量をアップすることが出来れば、代謝が上がって脂肪が燃焼しやすくなります。
 

せっかく糖質制限をしつつ筋トレを頑張るのでしたら、この追い込み加減にも注意して筋肉を鍛えていただきたいと思います。
少ない負荷でいつまでもダラダラと筋トレをやっていても、筋肉量アップは見込めません。
短時間で筋力をアップし、短期集中でダイエットを成功させましょう!

このメカニズムがあるからこそ、ライザップはたった2ヶ月でゲストの身体を大きく変化させることが出来るのだと思います。
信じるか信じないかはあなた次第です。
「今年こそ変わりたい」と思っている方、入会をおすすめします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. Autumn table place setting Top view. Copy space
  2. Raw fresh chicken leg
  3. 食事メニュー
  4. リバウンド
  5. コンビニ
  6. 分割払い
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログについて

身長170cmで体重が86kgだった昔の私。
深夜のテレビCMでRIZAPの存在を知りました。
CMのモデルさんのビフォーアフターの姿に衝撃を受けました。
それからRIZAPに通い始めて4ヶ月で体重が61.8kgまで落ちました。
周りの人たちの反応はガラッと変わって、私の人生は劇的に変化していきました。
このブログでは、私がRIZAPでダイエットに成功した秘訣を包み隠さずにご紹介していきます。
RIZAPに行こうかどうか気になっている方は参考にしてみてくださいね!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

目次

  1. プロフィール
  2. RIZAP開始前の私
  3. 体重の変化
  4. ライザップの食事
  5. RIZAP
  6. 外食
  7. RIZAPの料金支払
  8. RIZAPのトレーナーが描いたイラスト
  9. ライザップでトレーニング中
  10. 彼氏とツーショット

リンク

楽しさ追求バラエティ