ライザップ中に旅行へ行くときの注意点とは?

この記事は2分で読めます

pixta_13308439_s

ライザップでダイエット中という方にとって、旅行は脅威かもしれません。
計画的に糖質量を管理して食事をとってきたのに、旅行をするとなると、そうはいきません。
自然と外食も増えてしまいますし、やっぱり現地の名産品を味わいたいですよね。
そんな時、どうすれば良いのでしょうか?
 

私はライザップでのトレーニングを開始して2ヶ月経った頃、家族旅行がありました。
行き先は韓国です。
初めての韓国旅行ということで、食べたいものは沢山ありました。
サムゲタン、カルビ、ビビンバ、サムギョプサル、トッポッキ…。
カロリーも糖質も高そうなメニューだって、せっかくだから食べたいですよね。

そこで、旅行の1週間前にトレーナーへ相談しました。
「来週、家族で韓国に行くのですが…やっぱり糖質制限しなくちゃダメ?」と。

すると、トレーナーは「いえいえ、旅行中くらい楽しんできてください。帰ってきて増量していたら、また頑張りましょう!」と。
あっさり許してくれたのです。
ただし、旅行までの1週間はペースをあげて、厳し目に糖質制限することになりました。
 

そうしてトレーナーが許可してくれたこともあり、韓国では好きな物を食べました。
ただ、自分の中でストッパーがあり、白ご飯やパン類、スイーツは極力控えるようにしました。
やっぱり、どうしても習慣づいているんですよね。
とはいえ、好きなものはちゃんと食べました。

あとは、家族3人での旅行だったので、オーダーする際にあえて2人分を注文するようにして、私は極力シェアして食べるようにしていました。
そうすると、量を食べ過ぎることは防げるんですよね。
ダイエットって、本当にちょっとした努力の積み重ねだと思います。
旅行中だからといって「よっしゃー!糖質とりまくるぞ!」と意気込む必要はないですし。
かといって「糖質はNGだから、食べるものはきっちり管理しよう」と神経質になる必要もないと思います。

旅行中、糖質が多そうなものを見て「食べたい!」と思った際には、ミニサイズをチョイスするようにすると良いですよ。
「食べた」っていう満足感があるので、少しの量でもOKなんですよね。
是非、旅行中の外食で参考にしてください。
 

結局、2泊3日の韓国旅行で増量した体重は2kgほどでした。
もちろん、帰国してからの1週間は糖質制限やトレーニングを厳し目にして、元の体重まで戻しましたよ。
「旅行で増えた分は1週間以内に戻せばリバウンドにはならない」って、ライザップの担当トレーナーが言っていましたからね。
一生懸命戻しましたよ!
ライザップ中に旅行が控えているという方は、ダイエットを少しだけ意識しながらも、是非楽しんでください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. お酒
  2. ライザップ体験者
  3. pixta_23683810_s
  4. pixta_21892304_s
  5. 料理
  6. リバウンド
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログについて

身長170cmで体重が86kgだった昔の私。
深夜のテレビCMでRIZAPの存在を知りました。
CMのモデルさんのビフォーアフターの姿に衝撃を受けました。
それからRIZAPに通い始めて4ヶ月で体重が61.8kgまで落ちました。
周りの人たちの反応はガラッと変わって、私の人生は劇的に変化していきました。
このブログでは、私がRIZAPでダイエットに成功した秘訣を包み隠さずにご紹介していきます。
RIZAPに行こうかどうか気になっている方は参考にしてみてくださいね!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

目次

  1. プロフィール
  2. RIZAP開始前の私
  3. 体重の変化
  4. ライザップの食事
  5. RIZAP
  6. 外食
  7. RIZAPの料金支払
  8. RIZAPのトレーナーが描いたイラスト
  9. ライザップでトレーニング中
  10. 彼氏とツーショット

リンク

楽しさ追求バラエティ