糖質制限ダイエットを批判する医師たち

この記事は2分で読めます

pixta_18366004_s

糖尿病治療を専門としている医師の中には、ダイエットにおける糖質制限を批判している人もいます。

そもそも糖質制限とは、糖尿病患者の治療法として用いられていました。
炭水化物を制限し、1日に摂取する糖質量を抑えるというなんとも単純な方法なのですが、これをダイエットでおこなうと危険が伴う恐れがあるというのです。

食べ過ぎによる肥満が原因であれば、糖質を制限することによって自然と食事量も減り、健康的な食生活へと改善できます。
そうすることによって糖尿病の症状が改善し、合併症を引き起こすリスクを少なくするのです。
しかし、もともと標準体型の女性がダイエットをする際に糖質を制限してしまうのは、極めて危険なのだそうです。

確かに、糖質制限ダイエットを批判する医師は1人や2人ではありません。
私が職場の健康診断でお世話になっていた内科の医師も「糖質制限ダイエットは効果絶大。だからこそ、気をつけてね」と、注意を促していました。
それまで1日300gくらい摂っていた糖質の量を、私は50~60gくらいに制限したのですから、確かに極端な制限だったかもしれません。

とはいえ、私はダイエット前に決して標準体型とはいえないほど太っていたため、この糖質制限ダイエットが適していたのだと思います。
病気にこそかかっていませんでしたが、あの体型のままでいたら近い将来には糖尿病だと診断されていたに違いありません。

糖質制限を批判する医師の方が口をそろえていうのは「極端な糖質制限はリスクが高い」です。
つまり、極端に減らすということを避けるようにすれば、このダイエット方法は有効だという認識なのだと思います。
 

糖質制限初心者の方や標準体型の方は、最初からぐんと糖質を減らす必要はありません。
そもそも、糖質が何gだろうという計算すらしなくても良いのでは?と私は思います。
ただ、白ご飯を3食とも口にしているのであれば、その1食を減らしてみればよいのです。

夕食で白ご飯やパンを口にしないだけでも、立派な糖質制限です。
間食でスイーツを口にしていたという方は、それをナッツ類に変えるだけでも良いのです。

今現在あなたが摂取している糖質量を少しでも抑えることが出来れば、それは糖質制限ダイエットなのです。
あまり神経質にならず、自分ができる範囲で糖質制限ダイエットを始めてみてはいかがでしょうか?
糖質制限を批判している医師たちも、それには反対しないと思いますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 041616
  2. diet, cooking, culinary and carbohydrate food concept - close up of grain, pasta and beans in glass bowls with potatoes on table
  3. blood test poster with medical laboratory equipment
  4. パスタ
  5. コンビニ
  6. pixta_22892256_s
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログについて

身長170cmで体重が86kgだった昔の私。
深夜のテレビCMでRIZAPの存在を知りました。
CMのモデルさんのビフォーアフターの姿に衝撃を受けました。
それからRIZAPに通い始めて4ヶ月で体重が61.8kgまで落ちました。
周りの人たちの反応はガラッと変わって、私の人生は劇的に変化していきました。
このブログでは、私がRIZAPでダイエットに成功した秘訣を包み隠さずにご紹介していきます。
RIZAPに行こうかどうか気になっている方は参考にしてみてくださいね!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

目次

  1. プロフィール
  2. RIZAP開始前の私
  3. 体重の変化
  4. ライザップの食事
  5. RIZAP
  6. 外食
  7. RIZAPの料金支払
  8. RIZAPのトレーナーが描いたイラスト
  9. ライザップでトレーニング中
  10. 彼氏とツーショット

リンク

楽しさ追求バラエティ