糖質制限中でも気兼ねなく食べれるおやつ

この記事は2分で読めます

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

甘い物が大好きという方は、糖質制限期間中でもおやつは欠かせませんよね。
私もスイーツに目がなく、たとえダイエット期間中でも何とかして甘い物を食べることができないかと考えていました。

きっと皆さんが糖質制限をする際にも、これは大きな問題になるかと思います。
特に女性の皆さんは、ストレスなくダイエットを進めていくためにも、おやつに関しての知識を持っておいたほうが良いでしょう。

とはいえ、さすがにカロリーの高いものを食べる訳にはいきませんよね。
そこで、今回は糖質制限中でも気兼ねなく口にすることが出来るおやつを3つご紹介したいと思います。
料理が不得意だから心配という方、安心してください。調理する必要なし、市販のものを利用したおやつばかりです。

1.ソイジョイ

大豆粉を使用した栄養食品、ソイジョイを食べたことがありますか?
私は糖質制限をして初めてソイジョイを口にしました。
それまでコンビニ等で見かけたことはあったのですが、どうも敬遠していたのです。
同じ棚に並んでいるカロリーメイトやクリームブランなどは美味しそうに見えるのですが、ソイジョイは何というか…きっと不味いだろうと決めつけていたのです。
それで、購入するのを避けていました。

しかし、RIZAPでのトレーニング中、どうしても甘い物を食べたいという欲が抑えきれなくなったため担当トレーナーに聞いたところ、ソイジョイを勧められたというわけです。
ソイジョイを初めて食べた時の感想は、「なにコレ美味しいじゃん!」でしたね。
普通におやつ感覚で食べられる感じでしたよ。
ソイジョイには沢山の種類がありますが、トレーナーが許可してくれたのは「ピーナッツ」と「アーモンド&チョコレート」の2種類のみです。
他の種類は糖質が高いので控えましょう。

2.アーモンド・クルミ

「おやつとしてオススメなのはスルメです」なんてトレーナーに勧められましたが、職場でスルメを食べることなんて出来ません。
スルメ臭があたりに漂い、被害を及ぼしてしまいます。

そこで私が日常的に食べていたおやつはアーモンドやクルミなどのナッツ類です。
これらはRIZAPのトレーナーも許可してくれました。
ただし、摂取量には注意が必要です。
許可されていた量は1日20gほど。
そして、1回で何粒も食べるのではなく、数回に分けて食べるというものでした。
こうして、ちょこちょことおやつタイムを挟むことで、代謝もあがるようです。

3.豆腐のきな粉がけ

RIZAPのトレーナーおすすめスイーツの1つが、豆腐にきな粉をかけるというものでした。
正直言って、これは好みがハッキリ分かれるかと思います。
先に挙げたソイジョイやナッツほど手が進みませんが、豆腐のきな粉がけの良い所は、タンパク質を摂取できるという点です。
ここに重きを置いていた私は、このスイーツ(?)をよく食べていましたね。
いかがでしょうか?
糖質制限を推奨しているRIZAPでは、おやつがNGではありません。
食べるものと食べる量に気をつけて摂取しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. pixta_23199420_s
  2. パスタ
  3. Blog Social Media Information Connect Concept
  4. risk of dead sign
  5. 腹筋
  6. pixta_9159119_s
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログについて

身長170cmで体重が86kgだった昔の私。
深夜のテレビCMでRIZAPの存在を知りました。
CMのモデルさんのビフォーアフターの姿に衝撃を受けました。
それからRIZAPに通い始めて4ヶ月で体重が61.8kgまで落ちました。
周りの人たちの反応はガラッと変わって、私の人生は劇的に変化していきました。
このブログでは、私がRIZAPでダイエットに成功した秘訣を包み隠さずにご紹介していきます。
RIZAPに行こうかどうか気になっている方は参考にしてみてくださいね!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

目次

  1. プロフィール
  2. RIZAP開始前の私
  3. 体重の変化
  4. ライザップの食事
  5. RIZAP
  6. 外食
  7. RIZAPの料金支払
  8. RIZAPのトレーナーが描いたイラスト
  9. ライザップでトレーニング中
  10. 彼氏とツーショット

リンク

楽しさ追求バラエティ