糖質制限ダイエットって本当に効果あるの!?

この記事は2分で読めます

pixta_23457349_s

「糖質制限ダイエットって本当に効果があるの!?」という質問をよく受けます。
糖質制限があなたの体質に適しているか否かで結果が異なってくるでしょうが、少なくとも糖質制限をして効果がゼロということは、まずあり得ないでしょう。

普段摂取している糖質量がどのくらいか、あなたはご存知でしょうか。
ご飯茶碗1杯の白米を食べたとします。
ご飯茶碗1杯分の糖質量は、なんと150gなのです。
これに加えて、主菜・副菜・デザートなどを口にしたとしますよね。

飲み物でお茶か水以外の物を選択したとするとどうでしょう。
1食あたりの糖質量は、おそらく200~300gをゆうに越してしまうかもしれません。
1日3食摂取する人であれば、1日の糖質摂取量は軽く500gを超えてしまうかと思います。

さて、この500gという糖質量は適切なのでしょうか。
 

糖質制限ダイエットにおいては、糖質量を自分の体重(kg)の数値を、そのまま(g)にしたものが1日の推奨糖質摂取量になります。
私は約60kgなので、1日の糖質摂取量は60gまでにしましょう、ということです。
これまで1日500gもしくは、それ以上の糖質を摂取していた人が60gに抑える訳ですから、それは効果が出ない訳がありません。

身体はまず、食物から摂取した糖質をエネルギー源として使い、それを使い果たしてしまった後は、体内にある脂肪を燃焼してエネルギー源にします。
なので、摂取する糖質の量が減れば、その分だけ脂肪が燃焼しやすくなるのです。
糖質制限を開始してすぐに体重が減り始めるのは、このメカニズムのおかげです。

糖質制限は、非常に効果の出やすい減量法になります。
そのため、過剰に制限し過ぎると、その効果が仇となってしまうこともありうるのです。
 

糖質制限ダイエットにおいては「ー3kg」「ー8kg」など目標をしっかり定めたうえで、短期集中でおこないたいものですね。
あまり長引かせてしまっても、効果は次第に現れにくくなってきます。

これは、期間が経つごとに身体が糖質なしの生活に順応してしまい、それが普通になってしまうんです。
糖質なしでも上手くエネルギー燃焼が出来るよう、身体が省エネモードになってしまうのです。
こうなってしまうと、頑張って糖質制限ダイエットをしても効果が中々現れません。

この場合は1度がっつりと糖質を摂取する、通称「チートデイ」を挟むのもおすすめです。
1日だけ好きな物を食べて好きな物を飲んで、ガッツリ糖質を摂取しましょう。
そうすると、停滞していた体重がまた翌日から落ち始めますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ランチ
  2. pixta_7835608_s
  3. pixta_22892256_s
  4. blood test poster with medical laboratory equipment
  5. パスタ
  6. OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログについて

身長170cmで体重が86kgだった昔の私。
深夜のテレビCMでRIZAPの存在を知りました。
CMのモデルさんのビフォーアフターの姿に衝撃を受けました。
それからRIZAPに通い始めて4ヶ月で体重が61.8kgまで落ちました。
周りの人たちの反応はガラッと変わって、私の人生は劇的に変化していきました。
このブログでは、私がRIZAPでダイエットに成功した秘訣を包み隠さずにご紹介していきます。
RIZAPに行こうかどうか気になっている方は参考にしてみてくださいね!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

目次

  1. プロフィール
  2. RIZAP開始前の私
  3. 体重の変化
  4. ライザップの食事
  5. RIZAP
  6. 外食
  7. RIZAPの料金支払
  8. RIZAPのトレーナーが描いたイラスト
  9. ライザップでトレーニング中
  10. 彼氏とツーショット

リンク

楽しさ追求バラエティ