炭水化物と糖質って何が違うの?

この記事は2分で読めます

diet, cooking, culinary and carbohydrate food concept - close up of grain, pasta and beans in glass bowls with potatoes on table

糖質制限ダイエットにおける著書では「糖質を控えましょう」というものと「炭水化物を制限しましょう」という2パターンの表記を目にするかと思います。
おや?と思ったことはありませんか。

「糖質」と「炭水化物」は何が違うのでしょう。
今回は、この秘密を解き明かしていきたいと思います。
 

1.糖質と炭水化物は違う

同じような使われ方をするため混同しがちですが、糖質と炭水化物は異なるものです。
まず、市販の食品などに表記されている栄養成分を確認してみましょう。
主に「熱量(カロリー)」「たんぱく質」「脂質」「炭水化物」「ナトリウム」という5項目が記されているかと思います。
もし、この表示の「炭水化物」を「糖質」で表記するのであれば、その数値は異なってきます。
「糖質=炭水化物」ではないのです。
 

2.炭水化物=糖質+食物繊維

炭水化物とは、糖質と食物繊維の2つを合わせたものを指します。
そのため、先程述べた栄養成分表示に関して言えば、もし「熱量(カロリー)」「たんぱく質」「脂質」「糖質」「ナトリウム」という表示をするのであれば、これに加えて「食物繊維」という項目を増やす必要があるのです。
「糖質」と「食物繊維」を両方とも表記することで、炭水化物含有量が明らかになるという訳です。
 

3.糖質は糖類や多糖類の総称

「糖質+食物繊維=炭水化物」ということはご理解いただけましたよね?
さらに詳しく言うと、糖質の中には「糖類」「多糖類」が含まれています。
 
ここでいう「糖類」とは、単糖類と二糖類の総称のことです。
単糖類とは果物に多く含まれる果糖やブドウ糖のことを言います。
二糖類とは、砂糖や乳糖のことを指します。
 
多糖類とは、2つ以上の単糖類が繋がったものを指します。
例を挙げるとすれば、デンプンやオリゴ糖などです。
多糖類は糖類に比べて、吸収がゆっくり行われるという特徴があります。
というのも、多糖類は体内で分解されてから吸収されるのです。
「糖」という名前がつくと、すべてが血糖値を上昇させるイメージが有りますが、必ずしもそうではないということです。
ゆっくりと吸収される多糖類の場合は、血糖値が上がりにくくなります。
 

炭水化物と糖質の違いについて、おわかりいただけましたでしょうか?

糖質制限ダイエットにおいては食物繊維は味方にしておきたいところなので「炭水化物ゼロ」である必要はないのです。
食品を選ぶ際には「糖質ゼロ」や「糖質オフ」をチョイスするようにすると良いでしょう。

ただし「糖類オフ」には注意が必要です。
これだと、「多糖類は含まれていますよ」ということになります。
この知識を持っていれば、正しい食品選びが出来ますね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 糖質制限の朝食
  2. pixta_23199420_s
  3. パスタ
  4. pixta_23457349_s
  5. カレー
  6. pixta_22892256_s
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログについて

身長170cmで体重が86kgだった昔の私。
深夜のテレビCMでRIZAPの存在を知りました。
CMのモデルさんのビフォーアフターの姿に衝撃を受けました。
それからRIZAPに通い始めて4ヶ月で体重が61.8kgまで落ちました。
周りの人たちの反応はガラッと変わって、私の人生は劇的に変化していきました。
このブログでは、私がRIZAPでダイエットに成功した秘訣を包み隠さずにご紹介していきます。
RIZAPに行こうかどうか気になっている方は参考にしてみてくださいね!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

目次

  1. プロフィール
  2. RIZAP開始前の私
  3. 体重の変化
  4. ライザップの食事
  5. RIZAP
  6. 外食
  7. RIZAPの料金支払
  8. RIZAPのトレーナーが描いたイラスト
  9. ライザップでトレーニング中
  10. 彼氏とツーショット

リンク

楽しさ追求バラエティ