ダイエットの停滞期を乗り越える最大の秘訣とは!?

この記事は2分で読めます

pixta_23870730_s

今まで1度はダイエットを経験したことがあるという方は、おそらく必ずと言ってよいほど停滞期に直面しているのではないでしょうか。
私も何度この停滞期と闘ったか…もはや思い出すことが出来ないほど何回も悩まされました。
どのようなダイエットをしても、開始した直後の数日間は体重が順調に減っていきます。
しかし、ある一定の期間を過ぎた頃、減り続けていた体重がピタッと止まってしまうのです。
同じようにダイエットを続けていても、そこから数値が変化せず、その停滞期を乗り越えられずにダイエット断念というパターンも非常に多いのです。
それでは、この「停滞期」が訪れる仕組みについて解説したいと思います。
 
ダイエットを開始したことによって、摂取カロリーは減り運動量は増えるでしょう。
そうすると、人間の身体は「このままだとエネルギーが足りなくなってしまう」と、危険を察知します。
そうすると、身体は省エネモードに突入するのです。
つまり、出来る限り消費カロリーは抑えて、脂肪を蓄えておこうとするのです。
自分の身体が危険にされされるかもしれないと感じると、このような防衛反応が起こってしまうのです。
それによって、思うように体重が減らない停滞期が続くことになります。
運動をしても食事制限をしても体重が減らなくなるので、モチベーションが下がりダイエットを諦めてしまいがちですよね。
 
それでは、ダイエットの停滞期はどうやって乗り越えればよいのでしょうか。
対処法はいくつかありますが、私のオススメは「気にしない」ことです。
今まで続けてきたダイエットを、そのまま続けていきましょう。
ただし、数値変化に関しては「増えなければいいな」くらいの気持ちで気楽に構えましょう。
「減らない!」というのではなく「今日も増えてなかった、大丈夫だ」という方向へシフトチェンジするのです。
停滞期は、いつか必ず終わります。
しかし、長い人だと1ヶ月以上も続くため、その間ずっと体重が減らないことでストレスを抱えるのはつらいです。
この停滞期を乗り越えると、必ずまたう痩せる時期がやってきます。
それまでの時間を、いつもどおりにやり過ごしましょう。
 
停滞期に守っていただきたいことが1つだけあります。
それは「停滞期にだけはダイエットを中止しない」ということです。
身体が脂肪を溜め込もうとしている時期にダイエットを断念してカロリー摂取量や糖質摂取量が増えると、もう大変です。
身体はここぞとばかりに身体へ吸収し、溜め込もうとします。
停滞期にダイエットを中止すると、かえって太りやすい身体になってしまいますよ。
停滞期と上手く付き合って、目標としている体重まで頑張りましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. asian woman measuring her waist.
  2. pixta_3338116_m
  3. Woman doing plank
  4. pixta_24078794_s
  5. Still life of various types of sugar in bowls
  6. pixta_24274351_s
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログについて

身長170cmで体重が86kgだった昔の私。
深夜のテレビCMでRIZAPの存在を知りました。
CMのモデルさんのビフォーアフターの姿に衝撃を受けました。
それからRIZAPに通い始めて4ヶ月で体重が61.8kgまで落ちました。
周りの人たちの反応はガラッと変わって、私の人生は劇的に変化していきました。
このブログでは、私がRIZAPでダイエットに成功した秘訣を包み隠さずにご紹介していきます。
RIZAPに行こうかどうか気になっている方は参考にしてみてくださいね!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

目次

  1. プロフィール
  2. RIZAP開始前の私
  3. 体重の変化
  4. ライザップの食事
  5. RIZAP
  6. 外食
  7. RIZAPの料金支払
  8. RIZAPのトレーナーが描いたイラスト
  9. ライザップでトレーニング中
  10. 彼氏とツーショット

リンク

楽しさ追求バラエティ