糖質ゼロと糖類ゼロってどっちを選べばいいの?

この記事は2分で読めます

Still life of various types of sugar in bowls

糖質制限ダイエットをしていると、自然と「糖質オフ」「糖質カット」という食品表示に目が行くようになります。
私はダイエット期間中の後半に「どうしてもチョコレートが食べたい!」という思いを拭えませんでしたので、どうにか糖質オフのチョコレートを探そうとしました。
スーパーでチョコレートを眺めていると「糖質ゼロ」のものと「糖類ゼロ」のものが目についたのです。
この2つの表記、たった1文字違いですが、その意味合いは大きく異なります。
糖質オフと糖類オフ、どちらを選んだほうが良いのかご紹介しましょう。
 
そもそも、糖質と糖類はイコールで結べるものではありません。
まず、糖類とはブドウ糖や果糖などの「単糖類」と、砂糖や乳糖、麦芽糖といった「二糖類」を合わせたものを指します。
その糖類にでんぷんやオリゴ糖、糖アルコールを加えたものが「糖質」になるのです。
つまり「糖類オフ」という表記に関して言えば、全ての糖質がゼロであるとは限らないのです。
むしろ「糖類でない糖質はふんだんに含まれていますよ」という恐ろしいことが起こっているかもしれないのです。
「糖類オフ」の表記に騙されず、しっかり栄養表示を確認するようにしないと、知らず知らずのうちに糖質を摂取してしまうということになりかねません。
正しい知識を持って食品を選ぶということが重要になってきますね。
 
糖質制限をしているのであれば、基本的に糖類ではなく糖質に注目しましょう。
出来る限り糖質がカットされているものを選べば間違いないです。
とは言っても、例えばチョコレートだと「糖質オフ」のものって中々ないと思います。
カカオ分99%のチョコレートは糖質ゼロかもしれませんが、あれは最早デザートとして食べるチョコレートではありません。
口の水分を全部持っていかれる苦行のような仕打ちにあってしまいます。
さて、では糖質オフを意識してチョコレートを選びましょう。
この際、糖質ゼロにこだわらなくても大丈夫です。
食品表示をしっかり見て、チョコレート1粒あたりの糖質量をしっかり確認しましょう。
 
「明治 チョコレート効果 カカオ72%」の場合、1粒あたりの糖質量は1.6gです。
ちなみに「明治 チョコレート効果 カカオ86%」だと1粒あたりの糖質量は1.0gです。
さらに「明治 チョコレート効果 カカオ95%」だと、1粒あたりの糖質量は0.7gです。
いかがでしょう。
たった数粒だけ食べるとすれば、たいした糖質摂取量にはならないのです。
どうしても甘い物を食べたくなった際、1粒か2粒だけ口に入れるようにしたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. asian woman measuring her waist.
  2. pixta_24078794_s
  3. ダイエット茶
  4. pixta_23870730_s
  5. 体重計
  6. slim woman and fat woman
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログについて

身長170cmで体重が86kgだった昔の私。
深夜のテレビCMでRIZAPの存在を知りました。
CMのモデルさんのビフォーアフターの姿に衝撃を受けました。
それからRIZAPに通い始めて4ヶ月で体重が61.8kgまで落ちました。
周りの人たちの反応はガラッと変わって、私の人生は劇的に変化していきました。
このブログでは、私がRIZAPでダイエットに成功した秘訣を包み隠さずにご紹介していきます。
RIZAPに行こうかどうか気になっている方は参考にしてみてくださいね!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

目次

  1. プロフィール
  2. RIZAP開始前の私
  3. 体重の変化
  4. ライザップの食事
  5. RIZAP
  6. 外食
  7. RIZAPの料金支払
  8. RIZAPのトレーナーが描いたイラスト
  9. ライザップでトレーニング中
  10. 彼氏とツーショット

リンク

楽しさ追求バラエティ