痩せるのにおすすめの筋トレメニュー

この記事は2分で読めます

Woman doing plank

ダイエットをするにあたって何かしら運動をおこなうかと思いますが、ただやみくもに運動をすれば良いという訳ではありません。
というのも、エネルギー燃焼効率のよい運動もあれば、そうでない運動もあるからです。

運動の中でも、私が思うに重要なのは筋トレです。
有酸素運動を続けていれば体重は減っていきます。
しかし、ダイエット期間を終えてしまい運動をやめた途端、リバウンドしてしまうことが多いのです。

それを阻止するには筋肉量を増やして代謝を上げ、普段の生活における脂肪燃焼効率をアップする方が効果的だと思うのです。

現に今、私はほとんど意識してダイエットをおこなってはいませんが、RIZAP期間中に筋肉を鍛えたこともありリバウンドをしていません。
「少し食べ過ぎて体重が増えてきたかな」と思った時には夕食だけ炭水化物を抜く生活を1週間だけやる、というような方法で維持できています。
きっと、それは筋トレによって筋肉がつき、しっかり代謝がアップしているからなのだと思います。

リバウンドしたくない方ほど、筋トレがおすすめですよ。

ダイエットで筋トレをおこなうにしても、その中でも痩せる筋トレをしたいですよね。
それでは、おすすめの筋トレメニューを3つご紹介しましょう。
 

■ダイエットでおすすめの筋トレメニュー

1.スクワット

「ダイエットといえばスクワット」と言っても過言ではないほど、スクワットは効果大です!
「10回のスクワットは100回の腹筋運動に相当する」とさえ言われているのです。
スクワットは下半身の筋肉全体に効くので、効率よく筋肉量をアップさせることが出来るのです。
 

2.プランク

「体幹トレーニングの王様」といえば、プランクです。
スクワット同様、自分の体重を使って筋肉に効かせることが出来るトレーニングになります。
プランクは腹直筋をはじめ、腹部の筋肉に効きます。
うつ伏せに寝て両腕を曲げ、両肘で全体を支えながら つま先を上げます。
肩とお尻の高さが同じようにするのがポイントです。
30秒~1分間耐えることが出来ればOKです。
1日3回おこのうようにしましょう。
 

3.腕立て伏せ

筋トレの裏番長的な存在といえば、腕立て伏せです。
腕立て伏せと聞くと、腕の筋肉を鍛えるかのように思われがちですが、それだけではありません。
手を地面につくときの開き幅で、どこに効かせるか選択することが出来ます。
幅を狭くすると腕に効きますし、広くすると胸に効きます。
壁に手をついて腕立て伏せをすると、二の腕に効きますよ!
自分の鍛えたい箇所をトレーニングしましょう。
 
いかがでしょうか?
痩せる筋トレをチョイスして、有酸素運動と組み合わせながら効果的にトレーニングしたいですね。

リバウンドをしたくないのであれば、筋トレは必須です。
自分が楽しんで出来そうな筋トレを選んで、1日10分だけでも良いので継続してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 体重計
  2. Still life of various types of sugar in bowls
  3. ダイエット茶
  4. pixta_23870730_s
  5. pixta_24078794_s
  6. pixta_751313_s
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログについて

身長170cmで体重が86kgだった昔の私。
深夜のテレビCMでRIZAPの存在を知りました。
CMのモデルさんのビフォーアフターの姿に衝撃を受けました。
それからRIZAPに通い始めて4ヶ月で体重が61.8kgまで落ちました。
周りの人たちの反応はガラッと変わって、私の人生は劇的に変化していきました。
このブログでは、私がRIZAPでダイエットに成功した秘訣を包み隠さずにご紹介していきます。
RIZAPに行こうかどうか気になっている方は参考にしてみてくださいね!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

目次

  1. プロフィール
  2. RIZAP開始前の私
  3. 体重の変化
  4. ライザップの食事
  5. RIZAP
  6. 外食
  7. RIZAPの料金支払
  8. RIZAPのトレーナーが描いたイラスト
  9. ライザップでトレーニング中
  10. 彼氏とツーショット

リンク

楽しさ追求バラエティ